1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

Oiseau

野鳥日記 by ベルギー在住の大阪人

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: Northern Europe

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Northern European Countries #3

お待たせしました第三段(待たせてんのか? 笑)

やっとテストも終わり、グータラ冬休みが始まりそうな時期です
ブログの更新もまぁなんとかできるでしょーw
ってことで前回(一カ月以上前)の続きで北欧第三段

まずはハシジロアビ。。。
見た瞬間は「え?」の一言です
ほんまはおらんのに!っていう感じでした
実を言うと冬鳥らしくて見れないと思ってたんですけど
ケガか何かで真夏にも残ってしまっていたらしいです(写真はクリックすると大きくなるようにしました。)
ハシジロアビ
羽ばたき☆こういうの撮ってみたかったんですよねw
羽に違和感があるように見えます。
ハシジロアビa
普通に横向きー、結構遠いんですよね・。
ハシジロアビb
羽がなんか変に見えるけど。。。。これがケガ??

本当はこの場所でにニシツノメドリやウミガラス類が見れるはずやっってんけど
船の時間すぎてたし雨のせいで船は結局でてなかったしで
見れませんでしたOrz
その港の周辺で見れたのは。。。。
ミツユビカモメ
ミツユビカモメ
夏羽はきれいやねー
とか言いながら冬羽を見たことがないという。。。。
まあいいですねー、カモメもw
DSC04222.jpg
飛んでますーがピンボケですw
まあ、見てやってくださいww
#9736
キョクアジサシ
北極圏で見るキョクアジサシは格別!(なんか知らんけど)
たくさん飛んでました。
なんかアジサシよりも雰囲気が好きです 笑

DSC04212.jpg
どこでも人工物と野鳥というのはおもしろいというか、味気ないというか・・・・

ハシグロヒタキ
ハシグロヒタキですー
まさかこんな所で!みたいな感じでした
見れた時はうれしかったですけど
パフィン(ニシツノメ)が見れないショックでいっぱいでしたがw
遠かったんで写真の質は悪いですが。。。

一応これで北欧シリーズは終わりです
写真が少ないですがもっと数は見ているはずです
北欧、北海道、、
北の地はどこまでも魅力的ですね☆ :)
また北欧は行きたいです!(Conclusion)

スポンサーサイト

09

Category: Northern Europe

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Northern European Countries #2

お久しぶりです
長々と未更新のまますみませんでした
言い訳をしたくはありませんが、学校のせいです。。。w

ところで前前回くらいに北欧(2008年)のレポートが途中で終わってたので
今回はその続きをさせていただきたいと思います・・・・・

場所はヘルシンキよりもかなり北に移動。
サーリセルカという町で
近くには大きな国立公園があります
実際にはヨーロッパオオライチョウやヌマライチョウをはじめとするライチョウ類がいたはずなのですが
着いたのが夜(実際には白夜なので夕方という感じですが)
両親の制限よりあまり散策する時間がなく奥には行けませんでした

キタヤナギムシクイはずっとさえずっていて
場所を確認するのは簡単だったんですが
なかなかすばしっこいし、暗いしで
写真は撮りにくい。。。。
キタヤナギムシクイ

キタヤナギムシクイa
ちょっと遠めでしたが。。。。

マダラヒタキも一緒にいたのですが
あまり目に入らなくて。。。。
写真は証拠写真としかなりませんが。。。。
マダラヒタキ
配色が鮮明に分かる為
すぐマダラヒタキだとわかります。

翌日はノルウェー方面に向けて出発
天気は雨 orz
なぜか家族で鳥を見に行く時は大体雨。。。。
父親と弟が一緒にいどうすると雨という方程式がなってたから、、 笑

移動中にペンションのような場所を見つけ
休憩所がてらよってみると
木の上にアカオカケス!
写真を撮ろうと思っても、あああ
すぐ行ってしまい写真は撮れませんでした 泣

ペンションの中に入ると
外には餌台が設置されていて
たくさんの鳥が集まってました
ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
昔北海道の旭岳を訪れた時は残念ながら見られなかったのですが
思いもよらず北欧で 笑
メスオス両方来ていましたが
きれいに写真に撮れていたのはオスだけ。。
メスは黄色でやはりきれい、、
DSC04060.jpg
ベニヒワ、、、のはず。。。
なぜか腹と喉の赤色がなく
メスなのか?
コベニヒワの色の配置もこんなんだったような。。。。。
分布図ではベニヒワ。。。
たぶんベニヒワですねw

他にもアトリ、アオカワラヒワ、リスなど
子鳥が多かったです。

ノルウェーの途中
エリマキシギに遭遇
エリマキシギ

夏羽、夏羽♪
あれ?襟巻が。。。
ディスプレイでないし雨が降ってたから
きっと閉じていたのでしょう

っと今回はこの微妙なところで終わりに。。。
次回は(いつになるか分からないけど)ノルウェーでの観察を
報告したいと思います!

ではでは。。。。。

12

Category: Northern Europe

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Northern European Countries #1

お久しぶりです。。。。。
学校がめーーーーーーっちゃ忙しかったんで
まったくと言っていいほど
ブログを更新する気にはなりませんでした。。LOL
しかしせっかくの土日
更新しよーかなーって思ったりして
久しぶりにまた古い写真を。。。。。。。

今回は2008年度夏北欧旅行に行ったときに
出会った鳥たちです

まずはHelsinki
もともと鳥はここでは見る予定はなかった(というか観光にされてしまった)
ところやってんけど
双眼鏡とカメラは必見
何が起こるか分からないからね♪

ホンケワタガモ
ホンケワタガモの写真、
ストックホルムからヘルシンキに
船で移動中、小さな島の周りに
結構な数がいました。。。
その代わりみんな地味、、、エクリプス羽だからでしょうね。。

ハクセキレイ
お次はハクセキレイ
お、なんかちゃうぞ?
ヨーロッパにいる亜種のタイリクハクセキレイ(Motacilla alba)
過眼線がない分
雰囲気が違いますねww

DSC03817.jpg
ミヤコドリ
ヨーロッパではよくミヤコドリを見かけます
こいつも池(?、湖?)の近く
でぼーとしてたやつ

カオジロガン
カオジロガン。
確かに顔白ww
カナダガンとは体の模様も
異なりますね
結構な数いて
飼ってるんちゃうん?
って思うくらい
ヨーロッパの鳥ってほんまに
そういうの多いですね

DSC03868.jpg
カオジロガンの雛
ちょい、きもwww
けど実際見てると
かわいいんですよ :)

DSC03879.jpg
キョクアジサシ(のはず)
アジサシの中に混ざってたやつ
他のアジサシはアカアシアジサシっていうアジサシの亜種だから
色も似てて見分けがむずいけど
なんか嘴がオレンジよりも紅赤っていう色で
嘴の長さも若干短いように思う
腹の色は鉛っぽいし。。。。。
合ってることを祈ります☆

DSC03891.jpg
その例の他のアジサシ達
天気が良かったもんだからみんな眠そうww
足、嘴など上の写真と見比べてみてなぁー

DSC03885.jpg
伸び。。。。。。
人間と一緒で気持ちいいんやろうな~
DSC03906.jpg
ナイスショット!って自分で勝手に満足 笑
確かにいいと思うねんけど
だめ?
なんか飛翔写真って感動するやん!


プロフィール

avocet

Author:avocet
↑写真:ムジホシムクドリ
大阪府出身で現在はベルギー在中
International Schoolに通う高校生
大阪府高槻市→愛知県豊橋市→高槻市→ベルギー ブラッセル

今は忙しくてなかなかできませんが、4年生の時からバードウォッチングをしています。今年9年目。。。。
でもまだまだ修業は必要そうです 笑
写真も撮りますが初心者の初心者です
これからがんばりたいです

鳥を見に行ったら更新したいと思います
受験生なので難しいけど・・・

訪問さんくす!

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。