1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

Oiseau

野鳥日記 by ベルギー在住の大阪人

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category: France

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camargue (Parc Ornithologique) まとめ

今回はまとめ。。。。
見た鳥は・・・・↓
アマサギ、カンムリサギ☆、コサギ、アオサギ、ムラサキサギ☆、シュバシコウ
オオフラミンゴ☆、コブハクチョウ、ツクシガモ、マガモ、ホシハジロ、トビ、バン
オオバン、セイタカシギ、コチドリ、シロチドリ、ヨーロッパトウネン、タカブシギ☆
アオアシシギ、イソシギ、ユリカモメ、アジサシSP、アジサシ、クロハラアジサシ☆
モリバト、シラコバト、ツバメ、ニシイワツバメ、ツメナガセキレイ☆
クロジョウビタキ、クロウタドリ、セッカ、ヨーロッパウグイス☆、ムシクイSP
マダラヒタキ、シジュウカラ、カササギ、ホシムクドリ、スズメ
イエスズメ、オオジュリン

出現種数42、内ライファー7種

でした~!

次回からは在庫からになります
よろしく^^とり1

スポンサーサイト

14

Category: France

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camargue (Parc Ornithologique) #3

シギ・チ&アジサシ類

園内で特に目立ったのはセイタカシギ
湿原にはどこにもいるっていう感じ
観察小屋みたいのもあるのでそーとー近くにやってきます
DSC07988.jpg
顔が真っ白の個体
上面に光沢がかかってるからオスですかね?
何度見ても飽きないですね
足細ーー
DSC07997.jpg

今度は幼羽↓
DSC08187.jpg
脚の色は成長に比べて薄い
DSC07991.jpg
ここまですべてノートリですww

お次はタカブシギ
他のシギ・チ類と湿原に生息する生き物を食っていました
DSC08250.jpg
2羽
奥が成長夏羽
手前が幼羽っぽいですね
手前は確実ですが
奥はこの角度だと微妙ですね、成長かどうか
DSC08259.jpg
成長のほう(たぶん)
DSC08255.jpg
幼羽の個体

DSCN6246.jpg
コチドリとヨーロッパトウネンのはず。。。。
シギチ識別苦手なんでわかんない
wwww.jpg
超トリミング画像
たぶん合ってると思います
間違ってたらお知らせください

次!
クロハラアジサシ
DSC08205.jpg
ちょっと遠めだったんやけどなんとか。。。
DSC08194.jpg
飛翔写真だと黒いのがわかる
これ見たときは感動!
なんたってライファーでしたからww


謎なアジサシ、、、
図鑑見てるとハシブトジサシに見えてきてしょうがないんやけど
近くにいたおじさんにどのアジサシがいるか聞いたときは
これについてなんにも言わんかったし。。。。
どうなんでしょう??
アジサシだと思って撮ってたんやけど
実際ヨーロッパには脚の黒い(嘴も)亜種はいないらしくて。。。。
アジサシ=嘴 赤 脚 赤のアカアシアジサシ
初列風切り羽は黒(うえ二つ)=冬羽に換羽中?
頭のまだら
なんかハシブトアジサシっぽい。。。。
けど全く確証はありません
だれかアドバイスください。。。
DSC08175.jpg

DSC08210.jpg

DSC08212.jpg

13

Category: France

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camargue (Parc Ornithologique) #2

ということで第二弾~その他~
カマルグ湿原にはサギ類、シギ類が見れるとこでもあるらしく
巣を作ったり群れになったりしていました
中にはアフリカクロトキなんかもいましたが
図鑑見ると野生ではなさそう。。。
たぶん野生化したやつか公園で飼われてるのか
そんなやつっぽい
一応写真だけ↓
DSC07958.jpg
黒で顔がつぶれちゃいましたww
お次はアマサギ
DSC08004.jpg
これはきれいな個体
この鳥はヨーロッパの分布が狭いらしく
南フランス、スペイン、ポルトガルあたりでしか見れない
珍しい鳥(北、西ヨーロッパにとって)っぽい
DSC08018.jpg
アオサギ。。。
こちらはどこでも見れる普通種(ヨーロッパでも)
DSC08080.jpg
ツクシガモ
これほんまに野生???
って聞きたくなるくらい飼われてるように見える
実際のところ野生っぽいですが。。。
DSC08087.jpg
バン
DSC07923.jpg
ホシハジロ

今回は普通種ばかりでした
次回はシギ系アジサシ系
です

13

Category: France

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camargue (Parc Ornithologique) #1

先日南フランスへ家族旅行へ行ってまいりました
家族旅行なんでほとんど鳥を見に行けへんかったけど
一か所だけお許しがでたんで
そこのReportということで。。。。

アルルという町の南にCamargueという地域がありまして
湿原が広がっていて
ヨーロッパ唯一(?)野生のフラミンゴ(オオフラミンゴ)が生息するらしい・・・・
実際見てみると動物園と何ら変わりはありません!
ただ飛べますがwww
飼ってるんやないか?っていう疑問が次々と・・・・
写真撮ってもあまり感動はないですね~
まあ写真↓↓

DSC07909.jpg
群れ。。。。
まるで動物園
「フラミンゴ」って感じですね、ほんとに
DSC07930.jpg
ちょいズームUP
やっぱピンクいですね
嘴は黒
大きくなって動物園に行かなくなって
久しぶりに見るフラミンゴが野生だっていうのはびっくりですww
DSC07935.jpg
若いの
灰色なんですね。若いのは
プランクトンがピンクの色と関係してるって聞いたことありますが

DSC08039.jpg
成長
DSC08049.jpg
飛翔姿
しょうみ、かっこわるい 笑
ってのが第一印象
けど肩羽こんなにピンクいんですね

ということで第一回はフラミンゴでした
次回はその他でいきます


プロフィール

avocet

Author:avocet
↑写真:ムジホシムクドリ
大阪府出身で現在はベルギー在中
International Schoolに通う高校生
大阪府高槻市→愛知県豊橋市→高槻市→ベルギー ブラッセル

今は忙しくてなかなかできませんが、4年生の時からバードウォッチングをしています。今年9年目。。。。
でもまだまだ修業は必要そうです 笑
写真も撮りますが初心者の初心者です
これからがんばりたいです

鳥を見に行ったら更新したいと思います
受験生なので難しいけど・・・

訪問さんくす!

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。